海外ドラマ感想ブログ

海外ドラマのネタバレを含む個人的な感想

喜びも出口もない苦しみと乾いた笑いが交差する「ブレイキング・バッド」シーズン1全7話

2008年からシーズン5に渡ってアメリカで放送されたドラマ「ブレイキング・バッド」を見たいがために、Netflixをお試し契約しました。ブレイキングバッドは全62話。1ヶ月の無料視聴の間に見れるかどうか微妙なところですが、とりあえずシーズン1全7話通しての感想。ネタバレを含みますのでご注意ください。

ブレイキングバッドのあらすじ

アメリカ南西部の田舎町。ウォルター・ホワイトは、身重の妻スカイラーと脳性麻痺の長男フリンとの生活を支えるために高校で化学教師を勤めつつ、アルバイトで生活費を稼ぐ平凡なプア・ホワイトであった。学校ではやる気のない生徒たちと向き合う日々により無気力さに犯された生活が、自身に肺がんが見つかったことから運命は狂い始める。麻薬取締局に勤めている義弟のハンクから「覚せい剤が儲かる」ことを聞いたウォルターは、死ぬ前に家族に財産を残すため、低所得者層向けの覚せい剤である「メタンフェタミン」(通称メス)の密造を決意する。

ウォルターと元教え子の相棒ジェシーはメス作成を本格化させていき、純度99.1%の「ブルーメス」の開発に成功するが、それにより彼らが想像もしなかった数々のトラブルに巻き込まれる。家族を守るために始めたウォルターであったが、誰にも真実を話すことが出来ず、徐々に家族との絆を失っていき、ウォルター自身も変貌してゆく。

ブレイキング・バッド - Wikipediaより)

シーズン1はウォルターが「メス」を製造して販売するまでが描かれています。裏取引の世界で新参者が販売ルートを確立するのは大変なことらしく、それにまつわるいざこざで人を殺めてしまうことも。第1話はウォルターが50歳の誕生日。一方、妻スカイラーは「40歳を前にして」と言っていたのでおそらく30代後半くらいの設定みたいです。

最初のうちは、上記で「プア・ホワイト」とあるようにお金に困っている様子がかなり見受けられました。カードの支払いが足りない、アルバイト先で倒れて救急車に運ばれるときにも「もういいから帰してくれ」とウォルター本人がしきりに言っている場面も。私は詳しくは知りませんが、だいたいの医療費に保険がきく日本とは違ってアメリカの医療費はとても高額なイメージがあります。このドラマでも肺がんの治療で抗がん剤治療をすすめられますが、やはりお金の問題はとても大きなものでした。

義弟のハンクは麻薬取締局に務めているだけあって強面ですが、とても気のいい人物でいつもウォルターを始めとするホワイト家の助けになろうとしてくれます。ハンク、好き。

 

引き返せるチャンス

まだ序盤だけあって、これまで真面目に生きてきたウォルターが犯罪に手を染めながらも「引き返す、立ち止まるチャンス」というのがたびたび訪れます。

例えば第3話の、クレイジー・エイトとの対立。第1話でウォルターが起こした毒ガス爆発により重傷を負ったエイト。ジェシーとコイントスで分担を決め、ジェシーは亡くなった1人を、ウォルターは生き残ったエイトをそれぞれ処理することにしました。

毒ガス爆発の時にはただ必死さから良心の呵責もないままに実行したウォルターでしたが、生きているエイトを殺すとなるとなかなか踏ん切りがつきません。

メリットとデメリットをノートに書き出し、拘束したエイトに水や食べ物を与えながら何日も悩むウォルター。ジェシーが喋ってしまったことで、ウォルターの本名や家族のことがエイトに知られているのがデメリット。逃がしたら、自分だけじゃなく家族も狙われるかもしれない。エイトが嫌いだと言っていたパンの耳を取り除いてやりながら、ウォルターの気持ちは「やっぱり殺したくない」ほうにだいぶ傾いていたのだと思います。

ある夜、ウォルターはエイトとビールを飲みながら話をします。ついさっきエイトの目前で倒れてしまった自分が肺がんであることや、エイトの生い立ちなど。エイトの実家は家具屋で、それを聞いているうちにウォルターは昔その店にベビーベッドを買いに行ったことを思い出します。そこにまだ子供のエイトが店番していたことも分かり、奇妙な運命を感じるウォルター。そしてついにウォルターを逃がすことを決意。ウォルターの「絶対に復讐はしない」という言葉を信じて。

人を殺さなくてもいい、と半ば晴れ晴れとした表情で拘束具の鍵を取りに行くウォルターですが、たまたま見かけたゴミ箱の中に違和感を感じます。

ここの描写がね、本当に素晴らしいんですよ。モノローグも何もなく本当に一人の人生を覗き見しているような気持ちになって、ウォルターと一緒にひどく落胆を感じてしまうんです。

ゴミ箱の中にはさっきウォルターが倒れたときに割れた皿の欠片がありました。

天才化学者でもあるウォルターは一瞬にして気がついてしまったんですね。そのピースが完全に埋まらないことに。エイトが持っていなければいい。こんな予想は当たらなければいい、と祈るような気持ちでエイトに近づくウォルター。

だけどやっぱりエイトは欠片を隠し持っていて、反撃しようとしていたことがわかると、ウォルターは涙を流しながらエイトの首を絞めます。こんなに悲痛な殺人シーンは他に類を見ません。元は確かにウォルターが起こした爆発が悪いけど、もしかしたらここで殺人を犯すことなく立ち止まれるかもしれなかった。あまりに強烈な印象が残る話でした。

 

お金が手に入っても喜びはない

麻薬取締局の化学者にも作れないほど高い純度のメスを大量に密造するウォルター。それにより今まで手にしたこともない大金が入りますが、そこに喜びはありません。ウォルターは「家族のため」だというけれど、厳密にいえば自分が死んだあとに遺された家族が路頭に迷わないために用意しているお金です。抗がん剤治療にも莫大なお金がかかるし、息子やこれから生まれてくる赤ん坊が大学を卒業するまでの学費、生活資金。

その家族に犯罪を隠し通せる気はしないし、たとえば自分の家族がもしそういうことをしてしまったら、と思わず考え込んでしまいます。

ちなみにウォルター、メスで稼いだお金を子供部屋(これから生まれてくるほう)の通気口?を外したところに隠してますけど、いつそれが見つかってしまうかヒヤヒヤしますね。

 

乾いた笑いが効いている

喜びがなく先が見えないのですが、そこまで重苦しくないのがこのドラマの魅力でもあります。例えば初めてのメス密造に挑む時に、ウォルターがパンツ一丁でゴムエプロンを付けるというシーン。ジェシーが「まじかよ…」とドン引きするなど絵面としてのインパクトもあり思わず笑ってしまうところです。第1話の冒頭がそのパンツ一丁なのですが、ウォルターのお腹がぷよぷよしてるんですよ。中年太りだわ~(笑)なんて思ってしまうんですが、後から抗がん剤治療が始まったウォルターはすごい痩せて別人のようになってるので、もしかしたらそのために最初だけ役づくりでわざと体重をだらしなく増やしたんじゃないか?と思うくらいに、役者さんの演技がはまってます。

化学教師 ウォルター・ホワイト

↑まさにこの恰好ですね。さすがにパッケージではシャツ着てた。

Amazonプライムでは第1話のみ無料で視聴可能。

 

シーズン2も見終わったらまた感想を書きたいと思います。