海外ドラマ感想ブログ

海外ドラマのネタバレを含む個人的な感想

「ゲーム・オブ・スローンズ」で個人的に気になるカップル5組について書いてみる

今回は「ゲーム・オブ・スローンズ」におけるカップルで、個人的に気になった5組を挙げてみます。

・この記事はゲームオブスローンズシーズン6までのネタバレを含んでいます

・画像はゲームオブスローンズ Wiki | FANDOM powered by Wikiaよりお借りしました

サンサ&ジョフリー

f:id:awawako:20180322133149p:plain
f:id:awawako:20180322135204p:plain

ジョフリーの狂王ぶりに翻弄されっぱなしのサンサでしたが、一番最初、ウィンターフェル城に来たジョフリーを見て頬を染めていたのが懐かしいです。人を第一印象で判断するのはとても難しいのに、一目惚れというのはいつの世もなくならないですね。ジョフリーがあんなに残虐性を持っていなければ、サンサはきっとジョフリーに惚れっぱなしだったでしょうに。
ネッド・スターク亡きあとは人質としてジョフリーの側に囲われていたサンサ。さぞ恐ろしいことをされるかと思いきや、結局サンサは肉体的には無傷で王都を出ています。これってすごいことですよね…。まぁ精神的にはかなり嫌がらせをされ尽くしましたけど、ジョフリーは女性恐怖症だったのではないかなと。女性というか、人との関わり方がわからないために暴力を使って支配しようとしていたのかも。

 

マージェリー&ジョフリー

f:id:awawako:20180322140506p:plain
f:id:awawako:20180322135204p:plain

連続ジョフリーになってしまいました。ジョフリー、アクが強かっただけに強烈に印象に残っているのかも…。
サンサとは対照的に、マージェリーはあくまで対等な立場でジョフリーと接していましたね。あの狂王だったジョフリーがここまで手懐けられるのかと驚いたものです。マージェリーの対ジョフリー術には学ぶところが多そうです。マージョリーが使った掌握術は「相手の趣味に理解を示す」こと。ジョフリーのボウガンを見てマージェリーは内心ドン引きしますが、そんな心情はおくびにもださずに「私もやってみたいです」とほほ笑んでみせました。これはジョフリーの心をつかむには有効だったようです。それだけに、サーセイとしては息子の手綱を握られてしまう、と危機感があったんでしょうね。

結局は孫の身を案じたマージェリーの祖母によってジョフリーは毒殺されてしまいますが、もし正式に婚儀が行われていたとしたら、マージェリーはジョフリーをうまくコントロールできていたのかもと思わせるカップルでした。

 

ティリオン&シェイ

f:id:awawako:20180322133155p:plain
f:id:awawako:20180322133150p:plain

ティリオン・ラニスターが心から愛した唯一の女性・シェイ。彼女は結局なんだったんだろうと考えずにはいられません。ティリオンの父タイウィンにあっさり買収されて寝返ってしまったのが悲しすぎた。それでも、かつてのティリオンとシェイは本当に愛し合っていたのだと思いたい。そうでなければ悲しすぎます。

シェイの心が完全に離れたきっかけは、やはりティリオンが安全のために彼女を遠ざけようとしたことですよね。それでもシェイとしては、ティリオンの希望通りにお金に困ることなく異国の地で安全に暮らすよりも、愛する人のそばにいたかったのかなぁ。ティリオンとサンサの結婚への嫉妬心もあっただろうけど。個人的にシェイはもうちょっと頭が回る人だと思ってたんですけど、最後までよくわからない人物でした。

 

ジョン&イグリット

f:id:awawako:20180322142706p:plain
f:id:awawako:20180322142702p:plain

ジョン・スノウと野人のイグリット。出会いから敵対していただけに、洞窟のシーンはロマンチックでした。しかし私は問いたい。ジョンにしてもサムにしても、男ばっかりの生活してるから綺麗な女性を見ただけで簡単に恋に落ちるのではないか?と。ジョンの代だけでこれだけ例があるんだから、ナイツウォッチの誓いなんてほとんど機能していないんじゃないかな…と思わざるを得ません。

ちなみにこのお二人の役者さん、共演をきっかけに実際に婚約したそうです。

front-row.jp

 

サンサ&ピーター・ベイリッシュ

f:id:awawako:20180322133148p:plain
f:id:awawako:20180322143530j:plain

このカップルがわりと好きでした。

リトルフィンガーとしては、報われなかったキャトリンへの思いをサンサで満たしている感がかなりありましたけども。「キャトリンに愛情を最後まで受け入れてもらえなかった憎しみ」が混じっているのか、自分の手駒としてサンサを利用しているのが彼らしいといえば彼らしい。そんなことは知らないサンサとしてはラムジーに嫁がされて暴力を受けるまでピーターのことをかなり信頼していたように思います。これまでジョフリー、ティリオンとカップリングされてきたサンサですから、自分を王都から出してくれて身を守ってくれる(ある時点までは)ピーターはかっこよく見えたことでしょう。そういえばティリオンも良い人だったからサンサはもっと心を開けばよい関係を築けたことでしょうが、相手がラニスター家だから心を開けというのは酷なもんですよね。

面白いことに、キャトリン亡きあとのサンサが王都を出てから、はっとするほど母親に似ている瞬間がよくあるんです。高巣城で涙ながらに演技をしてピーターの窮地を救うところや、ウィンターフェル城を奪回しようとジョンを説得するところなど。そんなサンサを見てピーターがぐっとこないわけがない(ジョンのくだりは見てないけど)……とは思うんですが、ピーターの中にあるのは野心と愛憎だから純粋にサンサと愛し合うのは難しいのかも。

 

おわりに

カップルについて考えてみると、それぞれがどういう人との関わり方をしているかや性格などが見えてきて面白いですね。

そのうち友情編についても書いてみたいと思います。ではまた!