昨日見たアマプラ

海外ドラマのネタバレを含む個人的な感想

シリコンバレー シーズン5 第4話 暗躍しまくるチアン・ヤン

海外ITドラマ「シリコンバレー」シーズン5 エピソード4を見ました。

現在Amazonプライムで配信中です

スポンサーリンク

 

オクト・パイパー

新たな開発者8人を仲間にしたリチャード。

8人という数字にちなんで「オクトパイパー」と名付けるも微妙な反応でした。

そのなかの一人、ゲイ向けのアプリを開発しているディディはリチャードへの印象をよくするためか「日曜は教会に通っている」とアピール。

そんな中、新たな協力会社としてKホール社というゲーム会社と談合できることになったパイド・パイパー社。

なんとしてもKホール社に協力してほしいと考えたリチャードは、良かれと思ってディディがクリスチャンであることを明かします。しかし、その一言で不穏な空気に。シリコンバレーという土地柄において、クリスチャンであることはかならずしも有利には働かないようです。

 ディディがいるかぎり協力しないというKホール社。リチャードも会社のためにディディをオクトパイパーから外そうと直接話しに行きますが、理念とする「自由なインターネット」の本当の意味に気付き考えを改めます。

チアン・ヤンの相続権

チアン・ヤンは相変わらず嫌がらせに来ていました。パイド・パイパー社の駐車場にわざとアーリックの車を違法駐車して放置。

レッカー車を呼んだジャレッドは、チアン・ヤンが置いていった車の名義がビッグヘッドになっていると聞かされます。やっと思い出したビッグヘッド! 待ってました。

ジャレッドは早速ビッグヘッドのもとへ。アーリックと結んでいたパートナー契約はまだ有効でした。少し前にパートナー解消の契約書にサインしようとしたビッグヘッドでしたが、お店のメニューと間違えていたようです。

おかげでチアン・ヤンが不法に相続したインキュベートハウス等の権利も、すべてビッグヘッドの元に戻りました。やったー。ビッグヘッドがいれば安心です。

BOX3のプレゼン

ギャビンはBOX3のプレゼンを入念に準備していました。というか、ちょっと前までBOX2じゃありませんでしたっけ? いつのまに3になったんだろう。ギャビンが復帰したついでに2じゃなく3にしたのでしょうか。

瞑想にこもるギャビンが言い残したメッセージ「熊はハチミツでベトベトだ」を必死になって解読を試みる部下たち。解釈で部下たちは分裂し、ついに本物の熊をレンタルしてきました。

瞑想から戻ったギャビンに「どちらのプランがいいか選んでください」と迫る部下でしたが、コーヒーコーナーにあるハチミツの容器を「まだベトベトじゃないか!」と忌々しそうに手に取るギャビンを見て青ざめます。まったく意味深なメッセージではなかった。本物の熊はギャビンに見せる前に回収。

フーリー社のスパイ

メールの情報を解析し、フーリー社から送り込まれたスパイを突き止めたギルフォイルとジャレッド。スパイは「駿馬」のうちの一人、ジェフでした。

ジェフとはルームメイトとして仲良くしていたディネシュはいささかショック。

ギルフォイルはジェフの家に乗り込み、パソコンを破壊します。勢いあまってディネシュのパソコンまで壊してしまうギルフォイル。普段の二人の仲からすると通常営業でしょうか。

ジェフに「スパイだってことはわかっている」と釘をさし、そのままパイド・パイパー社で働かせて逆に利用することに。

ディネシュはジェフの弱味を握ったことを逆手に、子分としてスポーツ観戦に付き合わせようとします。ディネシュが酔っぱらって情報流したっていうのに危機感ゼロで笑えます。

ディディが引き抜かれる

「自由な新しいインターネット」理念を基に、ディディの解雇はとりやめると発表するリチャード。説明を受けて感銘を受けつつある一同でしたが、ディディ本人が「もっといいところで働くからオクトパイパーは抜ける」と辞退を申し出ます。

パイド・パイパー社よりもっと良いところなんてあるはずない、と訝るリチャード。

チアン・ヤンに権利がなくなったので晴れてインキュベートハウスに戻ると、そこはもぬけのからになっていました。残されていた紙には「中国でニュー・ニュー・インターネットをつくる」とチアン・ヤンの書き置きが。ディディはチアン・ヤンのところに引き抜かれてしまったようです。

チアン・ヤンの意地悪からやっと解放されると思ったのに、道のりは険しそうですね。

▼前の話はこちら

mythoughts.hatenablog.jp