海外ドラマ感想ブログ

海外ドラマのネタバレを含む個人的な感想

マシューマコノヒーの怪演が光るドラマ「TRUE DETECTIVE」シーズン1

Amazonプライムで無料配信中の

「TRUE DETECTIVE/二人の刑事」を見ています。

f:id:awawako:20180507130303j:plain

シーズンは1と2のみ。

1と2では主人公が異なるようです。Wikiを見たいけどネタバレ満載なのでまだ途中の身としてはチラ見しかできません。

以下、シーズン1第7話までのネタバレを含みますのでご注意ください

 

性格の異なる二人の刑事

主人公はマシュー・マコノヒー演じるラスト、その相棒となるのがウディ・ハレルソン演じるハート。

ルイジアナ州殺人課に属する二人の刑事が、ある殺人事件を推理していくというストーリーです。

面白いのが、冒頭から数年後の二人の様子が差し込まれているところ。

数年後のラスト刑事がまったく様変わりしていて、最初は同じ人物だと気がつかなかったほどです。

ラストはとにかく頭の切れる男で、事件にまつわる手掛かりを見逃すことなく拾い上げていきます。自宅にいるときも事件のことを考え続けるほど。

一方、ハートは「家族のため」だと言って浮気をして、カッとなるとすぐに手が出る危険な男。

その二人が相容れないながらも命がけで事件を追っていくうちに連帯感を持つのがぐっときます。

ラストとハートはお互いの行動が理解できないながらも、共に信頼しあっています

ハートの奥さんに誘惑されてラストが致してしまったことで二人は決定的に仲違いをしてしまいますが、その数年後には協力しあって事件の真相に迫ります。

 

マシュー・マコノヒーがとにかくすごい

ドラマの見どころのひとつはなんといってもマシュー・マコノヒーでしょう。

これまでマシュー・マコノヒーというと「映画に多数出ている好青年俳優」といったイメージしかなかったのですが、見事に覆されました。

刑事時代のライトは「税理士(tax man)」と揶揄されるほどの一見真面目な男です。身体にあったスーツをスマートに着こなし、髪の毛はきっちりと撫でつけ、理路整然と話す。それでいて、アルコールと薬物中毒の後遺症を抑えている様子や、娘を亡くした心の傷を抱えているのもうかがえます。

さらに数年後、刑事をやめてバーで働きながらこっそり捜査を続けるライトは本当に同じ役者さんなのかと思うくらいに別人です。頬はこけ、髪は伸び、アルコール浸りの虚ろな目。話の大半は数年後のライトが尋問で話している様子ですが、その語り口に洗脳されてしまうのではないかというくらいの怪物っぷりです。

この底知れぬ感じが、ライトという男そのものの不気味さを体現しています。

 

「ブレイキング・バッド」ロスの方にもおすすめ

殺人事件の被害者になった女性の身元を探るため、その家族や関係者を中心に捜査が進められていきます。

やがて関係していると思われる教団を突き止め、その周りで行方不明になっている女性や子供たちが多いことに気付きます。が、それらの名前がいろいろ出てくるとわけがわからなくなってきます。しかも淡々と進んでいくからメモを取りながら見たほうがいいのかもと思ってしまいました。残り1話だけど…。

でも、ブレイキングバッドロスに陥っていた私がやっと見続けることができたドラマでもあります。捜査関係を除けば登場人物が少なく、二人の刑事の描写が丁寧にされているところがとても好きです。